カメラの買取1

カメラを買い替えた時に古いカメラの処分に困る事があります。捨てるには動くしそれ程古くないのでタンスの奥にしまってしまうといつの間にか忘れてしまいます。新しいカメラを購入したら古いカメラを売りに出すのも一つの処分の手段です。買取店に持っていくと必ず査定をされ値段を決められます。この査定を高くする為に売りに行く前に事前に家でやるべきことがあります。

売るカメラの説明書や箱がないかどうか確認をします。たとえ中古だったとしても箱があれば大事に使われていた事がわかりますし、説明書があれば買った後に説明書を取り寄せたりダウンとロードしなくても済みます。査定も上がるポイントの一つです。

付属品の確認もします。充電式のデジタルカメラの場合充電器は必ず必要です。ない場合は買い取って貰う事が出来ない場合もあります。他にもバッテリーなどの付属品で使えるものであれば一緒に持っていく事が大切です。一番の査定ポイントは汚れは必ず落とす事です。当たり前ですが汚れていては査定すらしてもらえない場合があります。見える汚れはふき取ったりしておとして置くことは大事なポイントです。もう一つは作動する事、使える事です。使えなくては買取以前の問題になってきます。たまに使えなくとも部品を欲しがる人の為に買取を行っている所もありますがごく一部になります。